横山やすし暴言集。その男、誰にも止められず。

みなさんは「横山やすし」という芸人さんを知っているでしょうか。

20代の人はもう、知らないかもしれません。

 

 

横山 やすし(よこやま やすし、本名:木村 雄二(きむら ゆうじ)、1944年3月18日 – 1996年1月21日)は、かつて吉本興業・大阪本社(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー・大阪本部)に所属していた漫才師、タレント。身長163cm(本人談)。愛称は「やっさん」。
西川きよしとのコンビでの漫才は、漫才ブームの到来と共に記録的な人気を博し「やすきよ漫才」として20世紀を代表する天才漫才師と呼ばれるまでになった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%97

 

吉本興業所属。

西川きよしさんとともに、コンビを結成。(1966年)

漫才ブームの火付け役として活躍した、天才漫才師です。

 

漫才ブーム(まんざいブーム)は、演芸界において、1980年 – 1982年のごく短い期間に漫才がさまざまなメディアを席巻し、またメディアに消費された一大ムーブメントである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%AB%E6%89%8D%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%A0

 

 

ちょうど、私が生まれたときに、漫才ブームは起こりました。

 

それまではテレビの主役といえば、歌手。

萩本欽一さんや、ドリフターズが大人気の頃。

 

そこに突如現れた、横山やすしと西川きよし。

 

彼らの漫才の圧倒的なスピード感に、世間はあっという間にトリコになっていったのでした。

 

この漫才ブームをきっかけに、ツービート(ビートたけしのコンビ)、紳助竜介(島田紳助のコンビ)などが、後を受け継いで、

日本国中に笑いが共通の話題として、広がっていったのでした。

 

 

今のお笑いブームの原点を作った横山やすしさん。

 

その、暴言集がネットで話題になっています。

みなさんも見たことがあるかもしれません。

 

現代では、規制や、コンプライアンスで、お笑いがつまらなくなってしまった感があります。

 

今、横山やすしさんがいてくれたら。

何と言うでしょうか。

 

正直で、かっこいい。

素直にそう思いました。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP