小林麻央さんが後悔していた、表参道首藤クリニックでの治療

先日亡くなった、小林麻央さん。

本当に残念で仕方がありませんでした。

 

彼女が入院していた、「表参道首藤クリニック」という病院が話題になっています。

同クリニックは、先日、無届け医療が原因で、業務停止命令の処分を受けているというのです。

 

このクリニックについて、色々調べましたが、

「表参道首藤クリニック」の治療は、保険適用内ではない自由診療。

海老蔵さんは、このクリニックに1億円払ったとも言われています。

 

このクリニックで行われていた、ガンの治療方法が、水素療法。

 

 

首藤クリニックのHPには、このような内容も記載されています。

  • 癌細胞を消すには「免疫力」を上げるのが大事
  • HSP(ヒートショックプロテイン)が癌細胞を消す可能性
  • 温熱免疫療法は副作用がない
  • 低体温を解消することで「癌細胞」を消滅させる効果がありえる

 

最近は、水素水に医学的効果がないと、公で発表されてもいます。

 

首藤クリニックで行われていた治療内容は「景表法」にも「薬機法(旧:薬事法)」にも違反している医療内容だった可能性が高く、

小林麻央さんが、望んでいたとはいえ、

法律に違反している治療を続けていたとしたら。

 

小林さん本人も、できるだけ自然の力で治したいという想いがあったでしょう。

抗がん剤の副作用等も気になってはいたでしょう。

 

市川海老蔵さんも、お姉さんの小林麻耶さんも「スピリチュアル」に傾倒していることが噂になっています。

そのような、科学的根拠のない、不確かな情報によって、

小林麻央さんの判断が、限定されていたとしたら。

それは、とんでもないことです。

 

まず、治療の基本方針を、科学的根拠と、情報によって決める。

そして、それがうまくいかなかったら、セカンドオピニオン、サードオピニオンを利用して、

同時に複数の治療を行いながら、情報を得ていく。

 

 

昔、爆笑問題の太田さんの友人が、ガンにかかった。

その友人を助けるために、太田さんは、海外も含めて、非常に大量の情報をまず集めた。

結果、太田さんが進めた海外の病院で、その友人の方は、ガン治療に成功するのですが。

 

 

まず、情報の集め方に問題がなかったか。

 

今回、小林麻央さんの死については、

私も疾患を抱えている身として、非常に辛かった。

 

 

でも、今回のクリニックのニュースを調べてみて、

さらに、悲しくなったのでした。

 

今後、こういうケースが起こらないためにも、

①まず情報を集める

②基本方針を決める

③セカンドオピニオン、サードオピニオンで治療を続けながらも、新しい治療方法を探す

 

 

みなさんには、きをつけて頂きたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP