宝塚歌劇宙組娘役 伶美うららが退団

宝塚の伶美うららさんが退団を発表しました。

なんとも美しい方。

 

宝塚歌劇団は6日、宙組の人気娘役・伶美(れいみ)うららが11月に退団すると発表した。トップスター・朝夏まなとのサヨナラ公演「神々の土地」「クラシカル ビジュー」千秋楽(11月19日、東京宝塚劇場)をもって卒業する。

 宙組は前トップ娘役の実咲凜音(みさき・りおん)が4月30日で退団したが、後任は設けていなかった。

 伶美は2009年3月に入団した9年目。4度の新人公演ヒロインを務めるなどキャリア豊富で、劇団屈指の美貌の持ち主。2012年からは池田泉州銀行のイメージキャラクターを務めていた。“人材の宝庫”と言われる95期生からは、月組・愛希(まなき)れいか、実咲、妃海風(ひなみ・ふう、星組=退団)の3人のトップ娘役が誕生していた。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170706-OHT1T50139.html

 

宝塚歌劇団といえば、1904年にスタートし、

今日も人気を集める未婚の女性だけで構成された歌劇団。

 

現在は、現在は花(はな)・月(つき)・雪(ゆき)・星(ほし)・宙(そら)の5組と、いずれの組にも所属しない専科に分かれています。

 

宙(そら)組に入団後から、トップスタートして活躍した伶美うららさん。

 

宝塚ファンの方は非常に残念だと思います。

 

でも、宝塚退団後も活躍している方はたくさんいますね。

大御所でいえば、高島忠夫さんの奥さん、寿美花代さん。

(公式HPより転載)

 

その他にも、天海祐希さん、檀れいさん、一路真輝さんなど、

第一線で女優として活躍されている方もたくさんいます。

 

 

やっぱり思うのは、

宝塚出身の芸能人の方は、気品があるということ。

 

宝塚で教えられたものなのか。

それとも、宝塚で舞台を経験しているうちに、自然と身についてくるものなのか。

 

気品が全くない私ですから、なんとも羨ましい限りです。

 

今度、生で舞台を見に行ってみようかな。

 

 

これからの、伶美うららさんの活躍を期待しています!

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP