ユースケ・サンタマリア暴走。番組中に謝罪

ユースケ・サンタマリアさんが、NHKの朝の番組で、ジョークを言ったら、

視聴者から心配の声がたくさん上がり、謝罪することになったようです。

 

タレントで俳優のユースケ・サンタマリア(46)が14日、NHKの「あさイチ」(月~金曜前8・15)にゲスト出演。相変わらずのテキトー発言で視聴者を混乱させた。

番組冒頭、「新司会者のユースケ・サンタマリアです。 本日のプレミアムトーク、ゲストはイノッチ!!」と同番組のMCであるV6の井ノ原快彦(41)をゲストとして紹介し、ニヤリ。井ノ原も「どうぞよろしくお願いします」と応じ、その後もユースケが「イノッチの突然の降板、びっくりしましたね」などと話を続けた。自然に話を続けるユースケに、井ノ原も「8年になるんですけど…降板して、すぐにゲストなんですね」と困惑する中、井ノ原の相棒、同局の有働由美子アナウンサー(48)までも「私は残ったんですか?」と話を合わせ、トークを進行。有働アナからの「ユースケさんはどういう経緯で新司会になったんですか?」との問いに、ユースケは「バーターです。事務所違うんですけどね。雰囲気が似てるってだけです」とテキトートークで笑わせた。

このユースケのおなじみのトークに一部の視聴者は混乱。本当に井ノ原が降板したと信じた視聴者からFAXが殺到し謝罪する事態となった。視聴者から「80歳になる母が何度も『この人に司会が代わるんだってさ…いのっちで良かったのに』って残念がってる」「おふくろが、いのっちが司会じゃなくなると悲しんでおります」など、届いたFAXを有働アナが紹介すると、ユースケは「だからなっちゃうんだよ、(イノッチが)否定しないから」とまさかの井ノ原批判。ユースケはカメラに向かって「お母さん、最初に嘘をついたつもりはないんです。ちょっとした冗談を言ったつもりでした」と説明し、2人で「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。最後に有働アナが改めて「司会は代わりません」と訂正し、番組は終了した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000096-spnannex-ent

 

 

 

 

もともと、ユースケ・サンタマリアさんは「ビンゴボンゴ」というバンドを、地元の大分県でやっていた、

バリバリのミュージシャンでした。

 

そのライブたるや、ものすごいエンターテインメントと暴走の共演。

 

今の桑田佳祐さんが、ライブで水をぶちまけるのと、同じような感覚だと思ってください(笑)

 

でも、彼にしてみれば、エンターテインメントの一環。

今回のNHKでの発言も単なるジョークなのですが、一部の熱狂的な視聴者からは、

司会をイノッチから変えないでほしいと連絡があったようですね。

 

 

まあ、今の時代。メディアも本当のこと流しているのかどうかわからないような、どの情報を信じたらいいのかわからないような時代です。

 

ジョークもジョークとして受け取れない。

ジョークさえも、規制する。

 

そんな世の中になって欲しくはない。

 

これからのエンターテイナーは大変です。

「これはジョークです」っていちいち説明しなければいけない。

そんな事したら、面白くなくなるんですけどね(笑)

 

まあ、規制や圧力に負けずに、笑いを作り出そうとする人を、僕はこれからも応援していきたいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP