英高級携帯メーカー破綻、その理由とは

イギリスの高級携帯メーカーが破綻したそうだ。

 

英高級携帯メーカー破綻

 【ロンドン時事】1台数十万~数百万円の高級携帯電話を展開する英「VERTU(ヴァーチュ)」が経営破綻したことが13日、明らかになった。BBC放送などが報じた。宝石や貴金属など高価な素材を用いて職人が手作りする電話として話題を集め、かつて日本でも東京・銀座などに店舗を構えていたが、近年は販売が低迷していた。(2017/07/14-06:42)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400284&g=int

 

 

一台数百万もする携帯電話。

一体誰が買うんでしょうか。

 

高価な宝石や、貴金属をパーツに使って、職人が手作りで1台1台作り上げていたそうですが、

近年は売上が低迷していたとのこと。

 

おそらく、宝石を使っているから、持っているだけでそれなりの資産価値があったものだと思われます。

現金を持っておけないような人が、財産として持っておく。

 

でも、近頃ダイヤモンドの値段が一気に下がったという話も聞きます。

 

その影響かどうかはわかりませんが、

携帯電話なら使いやすい方が良いし、数百万の携帯を落としたら危ない。

 

そこに、ダイヤモンドの値段の下落がからんでいるのでしょう。

 

資産としてもっておくべきは、

不動産なのか。

金なのか。

外国の貨幣なのか。

日本国債なのか。

株なのか。

 

AIにも、完全に未来を予測することは不可能でしょうから、

結論としては、全て持っておくということが、

分散投資の考え方として、正しいのかなあと思ったニュースでした。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP