梅乃宿酒造の大吟醸を味わってみたい!

近頃ネット上で梅乃宿酒造というワードをよく目にするので、調べてみました。

 

梅乃宿酒造とは、奈良県葛城市にある酒造会社。

経営者は女性の方で、かなりエネルギッシュな人のようです。

 

梅乃宿酒造社長 吉田佳代さん(37)「抱っこひもで抱いて外出を」

奈良県葛城市の酒造会社5代目社長として経営にあたっています。近年は、海外の和食ブームに乗って輸出が伸びています。海外の人は、ラーメンに梅酒を合わせるなど、日本人にはない自由な感覚で日本の酒を楽しんでいるのが印象的です。

社長業のかたわら、子供2人を育てています。1人目の出産から数日後に仕事に復帰し、生後6カ月のときに社長に就任しました。2人目は生後しばらくは抱っこひもで抱いて外出していました。シンポジウムに一緒に登壇したこともあります。

さらに最近は英会話のレッスンを始めました。あれこれと欲張って取り組んでいるので、心配されることもあります。でも、自分が決めたことをやれるということはとても幸せなことです。どうすれば実現可能になるのかを考えれば、何でもかなえられると感じています。

http://www.sankei.com/west/news/170627/wst1706270058-n1.html

 

会社の5代目として、経営を行うかたわら、お子さん二人を育てる。

抱っこひもで子どもとともに、シンポジウムに参加したこともあるようです。

最近は英会話も始めているようで、かなり行動的な経営者の方のようですね。

 

梅乃宿酒造は、今年のモンド・セレクションで、金賞を受賞した、日本酒も作っています。

 

葛城市東室の梅乃宿酒造の純米大吟醸酒「葛城」が、ベルギーの食品審査会モンドセレクションで金賞を受賞した。大吟醸酒「大吟醸ゴールドラベル」も、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」(同実行委員会主催)の大吟醸部門で金賞を受賞。梅乃宿は「ダブル受賞できてよかった。これからも日本酒の良さをPRしたい」…

https://mainichi.jp/articles/20170415/ddl/k29/040/549000c

 

 

近年日本酒は海外で本当にブームになっています。

元サッカー日本代表の、中田英寿さんも日本酒を海外で紹介することに、積極的になっています。

 

日本酒って、やはり大吟醸が美味しいんですよね。

 

梅乃宿酒造は、本格的な大吟醸から、果実をふんだんに使った、日本酒まで幅広く作られています。

僕は、ゆず酒が気になりました。

 

 

この夏は、ゆず酒でも飲みながら、屋形船から花火なんていいかもしれません。

これからも、独自の路線と、本格大吟醸で、梅乃宿酒造さんには、日本の星として、輝き続けていてほしいと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP