大人気YOUTUBER、てんちむこと橋本甜歌さんが○○を公開!

大人気YOUTUBERでタレントの、「てんちむ」こと橋本甜歌さんが自身のインスタグラムで背中のタトゥーをを公開!

ファンのあいだでは驚きの声が上がっています。

 

 

本人も、タトゥーに関しては、独特の意見をもっており、かなり、覚悟を決めて、タトゥーを入れたみたいです。

 

タレントでYouTuberのてんちむ(橋本甜歌/23歳)が7月8日、自身のInstagramで、「多分初めて見せる」と、背中に入れたタトゥーを公開した。

てんちむはこの日、「背中には10代のとき彫った天使と悪魔の羽根が生えてます」と、タトゥーが写る背中の写真を投稿。そして「#映画や仕事の時は実はファンデで消されてた #空飛びたい #他にも耳裏と足首に入ってる。技術が発達しても多分背中だけは消さない。」と続けた。

また、Twitterでもタトゥーについて触れ、「TATOOって死ぬまでも一生なんだぜ。今の技術じゃ綺麗に消えないし入れるのも消すのもクソ痛い。結局20歳超えてからは何も入れてないけど、今となっちゃ綺麗な身体に憧れるし何よりジムプール温泉行けなくてダルい。夏も暑いのに隠さなきゃいけない上、男が引くし結婚できない。結果お勧めしない」と率直な思いをつづっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13314921/

 

 

人前で顔を出して、自分の魅力で勝負するタレントというお仕事。

このくらいの覚悟がないとできないのかもしれません。

 

映画撮影の時はタトゥーを隠して撮影したとのことですが、

背中のタトゥーは消さないと覚悟を決めているようです。

 

他の人にはオススメしないと自ら語っているとおり、日本ではタトゥーや刺青に対する、

固定観念のようなものがあります。

 

僕自身、橋本甜歌さんの気持ちがわかります。

一時期、無性に背中に不動明王を掘りたい気分になったことがありました。

 

なにか、背中や体の一部に、覚悟のようなものを刻みたい。

お守りのようなもの、自分の信念のようなものを、体に刻んで、

毎日その姿を感じたいという気持ちが分かります。

 

技術の発展により、もう少し健康的なタトゥーが開発されていくはずです。

 

そのような時代に、タトゥーを入れる人は馬鹿だ、なんて個人の自由に口出しするようなおじさんにだけはなりたくないと思った出来事でした。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP