高須院長、ミヤネ屋出演の浅野史郎氏に激怒! その内容とは??

高須院長が民進党の議員を名誉毀損で訴えていることは皆さんご存知だと思いますが、その議員をテレビで擁護した、浅野史郎さんをも訴えると激怒しました。

高須クリニックの高須克弥院長が25日、この日放送された日本テレビ系・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、民進党の大西健介議員を高須院長が名誉毀損で訴えた第一回口頭弁論について、元宮城県知事の浅野史郎氏が名誉毀損には当たらない主旨の発言を行ったことに「明日中にお詫びがなければ提訴します」とツイッターで表明した。

番組では、大西議員が国会で悪徳美容外科の誇大広告などを取り上げ「CMも陳腐なものが多い」「イエス○○とクリニック名を連呼するだけのCM」などと発言し、それに対し高須院長が名誉毀損で訴えた口頭弁論の模様を特集した。

一連のVTRを見終わった浅野氏はコメントを求められると「これは名誉毀損で訴えたんでしょ?名誉毀損は事実と違うことを提示して名誉毀損するんだけど」とコメント。「国会で言ったかは別として、普通の修羅場で言ったとしても真実を言ったんです。あったとしてもこの正直者!と怒るようなもんです」などと「真実」という言葉を使って発言した。

まさかの発言にMCの宮根誠司も「例えばイエス○○っていう例えは良くないですよ」と、悪徳美容外科の誇大広告を代表する例として「イエス○○」を使ったことは適正ではなかったと指摘したが、「高須クリニックと言ったとしても構わない」とまで発言した。

これを受け、高須院長はツイッターで「明確な名誉毀損です。いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」と表明。その後も「明日中猶予を与えます。詫びがなければ明後日提訴します。僕も老人だから、老人だからと容赦しません」と本気であることを強調していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000097-dal-ent

 

 

国会議員が、誇大広告、悪徳な広告を取り上げるのは分かります。

たとえば、「3日で10キロダイエット」とか、「あなたも整形で好みの芸能人に生まれ変わります」とか。

 

広告というのは、やっぱり、嘘があってはいけません。

 

でも、世の中には、嘘だらけの広告があふれかえっていますね。

 

私は、個人的には、「高須クリニック」のTVCMが誇大広告だとは思いません。

むしろ、ヘリに乗って世界を飛び回る、高須院長の実際の様子を再現しているだけの内容であり、

美容整形がいいとか、美容整形をしなければいけない、などと感じるような作りにはなっていない。

 

 

 

この議員の人は、軽率な発言であったと思います。

 

国会議員という立場の人間、法律を作ることのできる立場の人間が、

個人を攻撃するというのは、どうかと思います。

 

しかも、それをまた、メディアで軽率に実名を出して擁護するようなコメンテーター。

 

自分をなんだと思っているんでしょうか。

 

裁判の結果が楽しみです。

おそらく僕は、名誉毀損にあたるとして、損害賠償命令が議員に下ると思います。

 

コメンテーターに関しては、微妙なところです。

 

みなさんは、どう感じたでしょうか?

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP