今はゴルフに専念 森田遥さん初優勝

プロゴルファーの森田遥さんが初優勝しました。

両親は中国人で、日本で生まれ育った彼女。

日本の国籍法にのっとり、現在は中国国籍を保持。

国籍をこれから日本にするか、中国のままで行くかは、のちのち考えると語りました。

東京五輪、果たして、どちらの国籍で挑戦するのでしょうか!?

 

<北海道meijiカップ 最終日◇6日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,476ヤード・パー72)>

北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースにて行われた「北海道meijiカップ」で、ツアー初優勝を果たした森田遥。これまでは単年登録だったが、今年からの規定改正により、この優勝でLPGAの正会員になることができる。

正会員申請には国籍が必要となるが、現時点では中国で提出する予定。森田は中国人の両親の子として香川県で誕生。以降、日本でずっと過ごしてきたが、日本の国籍法は原則として血統主義(父か母が日本人である場合は、生まれた子は自動的に日本の国籍を有する)を採用しているため、森田は中国国籍となっているためだ。

生まれ育った日本に国籍を変更する考えもあるが、「手続きが思ったよりも難しい。今、色々勉強しているところです。両親だったり、周りの意見を聞きながら。どちらかを選ばないといけないのは分かっているが、今はゴルフを磨きたい」と話した。

続けて、「日本で生まれ育ったというのもあるけど、どちらを選んでも色々言われると思う。ただ、自分にしかない権利だと思って、前向きに考えるしかない。とりあえずゴルフを頑張りたい」。3年後の2020年には東京オリンピックも控えるが、それについても、「代表として選ばれるチャンスが出てきたら考えたい」と話すにとどまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000012-alba-golf

 

まずは、森田遥選手、初優勝おめでとうございます!

 

森田 遥(もりた はるか、1996年7月19日 – )は、香川県高松市出身で中華人民共和国国籍の女子プロゴルファー。中国名は魯婉遥(ルー・ワンヤオ)[1]。所属はフリー。クラブ、ウェア契約は本間ゴルフ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E9%81%A5

 

 

僕は正直、国籍はどちらでもいいと思います。
日本で生まれ、日本で育った彼女。
文化や生活習慣はもう日本人と変わらないでしょう。

でも、ご両親が中国人で、中国を大切に思う気持ちがあるのなら、今のままの中国国籍でも構わない。

問題なのは、将来、東京オリンピックが開催される時に、彼女がオリンピック代表に選ばれる時。

日本や、中国が代表にしてあげるから、国籍を変えることを彼女へ指示したり、圧力をかけるようなことが起こるかも知れないということ。

オリンピックは、国同士の戦いの場所です。
参加者それぞれが、国の誇りを持って戦っている。
でも、ただ単純にスポーツが好きで、国の代表になった人もいるということを忘れないようにして欲しいと思います。

国が、スポーツを利用してはならない。

その点、彼女はしっかりとコメントしていますね。
スポーツをすることも、プロとしてやっていくことも、国籍を判断することも、全て、個人の判断に任せる。

僕は、ゴルフという世界が面白くなり、活気づけば、彼女の国籍は関係なく応援します。

これからの活躍を期待しています!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP