俳優村上淳を父に、母に歌手・UAを持つ話題の俳優 村上虹郎

俳優村上淳を父に、母に歌手・UAを持つ話題の俳優 村上虹郎さん。

僕はこの役者さんを非常に注目しています。

非常に素直で、ダイレクトな演技が魅力的。

彼の魅力の秘密について、探りたいと思います。

 

 

Theater culture magazine T 北村道子さん連載 写真 大森克己さん ヘアー TANOちゃん

村上虹郎さん(@rainbowmusix)がシェアした投稿 –

 

僕は以前放送されていた、TBSのドラマ、「仰げば尊し」で、その演技を見たのですが、非常に惹かれるものがありました。

 

先日、その村上虹郎さんが、テレビに出演して、浅野忠信さんと、対談したようです。

 

 

俳優の村上虹郎(20)が6日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演し、両親や仕事について語った。

 番組では俳優の浅野忠信(43)が「いま、一番会いたい2人」として、虹郎と映画監督で俳優の長谷井宏紀(42)を指名。フリートークを繰り広げた。

 俳優・村上淳(44)を父に、母に歌手・UA(45)を持つ虹郎は、2014年に公開された浅野の主演映画「私の男」で浅野と出会ったという。

 「試写に親父と行った。映画が終わって、父親が浅野さんに電話で『すごかった。ショーン・ペンを超えている』と話した後に、(自分に)替わった。『俳優やるの?』と浅野さんに聞かれ、『たぶん』と答えた。『はい』って言えない自分がいた」と浅野との“ファーストコンタクト”を振り返った。

 浅野に「役者をやっていこうと決めたきっかけ」を問われると、「自分の映画を見て悔しかった。もちろん、監督がOKしているから、OKなんだけど、お前まだできるだろう、と自分で思った。ツボにはまって(役者を)続けている。(作品を見ると)毎回悔しい」と父親と共演したデビュー作「2つ目の窓」を振り返った。

 一方、浅野は「俺は自分が大好きだから。俺はいいんだけど、お前まだ出来るだろうって、他の人に思っている。俺、すげえ嫌なヤツだったかも、子どものころ」と振り返って笑わせた。

 浅野と歌手・CHARA(49)の長女でモデルのSUMIREも、14年にファッション誌「装苑」の専属モデルとして活動をスタートしたが、虹郎はSUMIREと表紙で共演したことがあるという。その後、UAとCHARAの母親同士も音楽フェスで共演。15年に公開された映画「グラスホッパー」では、父親同士が共演するなど、浅野家と村上家の浅からぬ“縁”も明かされた。

 村上淳とUAは06年に離婚したが、虹郎は「どっちとも仲がいい」という。同業者として父親の淳に対しては「超えたい存在」。一方、UAについては「母親は超えるとかいう概念にない」と話した。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170806-OHT1T50095.html

村上虹郎さんは、あの有名な歌手のUAさんの息子さんだったんですね。

そして、お父さんは、俳優の村上淳さん。芸術一家に生まれたサラブレッドですね。

 

現在、村上さんとUAさんは離婚されているようですが、村上虹郎さんとご両親の関係は良好のようです。

UAさんの息子さんだと初めて知って、何だか彼の演技の秘密がわかったような気がします。

 

村上虹郎さんって、心の中をそのまま表現するというか、そこに演技のような壁を感じない。

これって、歌を歌って表現することと似ているんだと思います。

 

UAさんといえば、その独特のスタイルで、90年代のJPOP界に衝撃を与えた人物です。

その雰囲気になんだか似ているなあと思ったのです。

 

歌うように演じる。

魂をダイレクトに、何のフィルタも通さずに表現する。

これって、なかなかできるもんじゃありません。

 

人は、他人の目があると、何かと演技をしてしまいがちになります。

でも、村上虹郎さんは、幼い頃から、表現の場に身を置くということが多かったのでしょう。

自分の素を、そのまま出してくる。

それが、僕にとっては非常に気持ちいいのです。

 

まだまだ、これから、出演作品を重ねて行くごとに、彼の演技には磨きがかかってくると思います。

まだ20歳なのに、すでに、過去の自分と戦いながら、他人と自分を比べるようなことをしていない。

これから、どのように、彼が表現をしていくのか。

 

 

非常に楽しみな役者さんだと、僕は思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2つ目の窓 [ 村上虹郎 ]
価格:4155円(税込、送料無料) (2017/8/7時点)

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP