菊川怜 とくダネ!卒業 後任は誰に!?

菊川怜さんがフジテレビの報道番組、とくダネを卒業することが決まりました。

後任は誰になるんでしょうか!?

そして、卒業の理由はいかに!

 

菊川怜(39)が10日、フジテレビ「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜午前8時)のキャスターを9月いっぱいで降板することを番組内で発表した。

菊川は番組の冒頭「5年3カ月、とくダネと一緒に過ごしてきました。いままで応援してくださった視聴者の皆さま、小倉さんに感謝しています。あっという間で、短いなという感じがします」と話した。寂しそうな表情を見せながらも精いっぱいの笑顔で話した。

番組には12年7月から中野美奈子アナウンサー(現在フリー)の後任として登場。小倉智昭キャスター(70)とコンビを組み、飾らないコメントなどが好評だった。

今年4月に実業家穐山誉輝氏(48)と結婚して、私生活が変化したこともあり、番組側と話し合った末、降板を決めた。番組は現在、小倉キャスターを中心に、司会4人で進行しており、10月以降の新体制は検討中。

菊川は9日までに同局を通じて「30代を振り返ると『とくダネ!』が私の基盤にありました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。寂しくもありますが、1つの区切りとして新たなスタートの気持ちでいろいろなことにチャレンジしていきたい」とコメントしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-01869828-nksports-ent

 

 

 

 

菊川怜さんの卒業は、なんとも残念です。

私はテレビの報道番組、ワイドショーの中で、「とくダネ!」はかなりまともなほうだと思っていました。

 

最近のテレビ、特にワイドショーの偏向報道がひどすぎる中。

意味もない安倍政権批判、安倍政権への印象操作。

 

若い世代はネットでちゃんと両方の意見を手に入れていて、公正な判断を下している。

でも、テレビしか情報源がない人も日本には多数います。

テレビと新聞があっても、似たようなものです。

 

なぜなら、やっぱり人間というものは、楽なものに飛びつきます。

テレビをつけっぱなしで、何となく流し見ていたほうが楽なのです。

 

その中で、知らぬ間に印象操作されています。

政治に対する意見から、テレビCMまで。

 

テレビに出ているものが、正しいのだと無意識に判断してしまいます。

 

幼い子どもが、テレビCMの歌を口ずさんでいるのを聞いたときなんか、ぞっとします。

これが、テレビの力なんだと。

普段から、自分の意志で考えない人間は、テレビの影響を非常に強く受けてしまうのだなと。

 

そのテレビの中でも、「とくダネ!」はちょっと違うなあと思っていました。

なぜなら、メインキャスターの小倉さんが、自分の意見をちゃんと言うからです。

 

おそらく、プロデューサーやディレクターの意思も、完全に無視していると思います(笑)

それは、彼が、責任を持って、自分の番組だと思ってやっているからだと思います。

 

コメンテーターが発言しても、学者が発言しても、小倉さんは独自の意見、自分の意見を軸に、比較的公正なまとめかたをしている。

それには、相当な情報量と知識量が必要でしょう。

 

菊川怜さんの後任は誰になるかわかりません。

小倉さんとタッグを組めるくらいの知性。
そして、天然のような率直な発言も彼女の魅力でした。

 

報道番組でも、比較的公正な「とくダネ!」
後任の方には、番組の良さ、独自性を維持しながら、小倉さんの良さを引き出しつつ、対等に議論できる人を希望します。

 

ってなかなか難しいキャスティングですね(笑)

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP