北朝鮮がグアムを狙う 米は準備万端

北朝鮮が大陸間弾道ミサイルでグアムを狙うことを発表しました。

おそらく、このミサイルに核弾頭を積めることも可能になってくるでしょう。

米は北朝鮮への攻撃準備万端と、お互いに牽制しあっています。

 

10日朝、北朝鮮がミサイルを同時に4発発射してグアム周辺に着弾させる計画の具体的な内容を発表した。中距離弾道ミサイル「火星12」をグアム島から30~40kmの水域に着弾させるというもので、飛行距離3356.7km、飛行時間1065秒(17分45秒)。北朝鮮はこの計画が8月中旬までに完成するとしている。

トランプ大統領は9日、Twitterに「大統領としての最初の仕事は核戦力の刷新と近代化だった」「今は最強になった」「使わないことを願うが、アメリカは常に世界最強の国家だ」と投稿、核攻撃の可能性を示唆している。また、マティス国防長官は9日に発表した声明で「北朝鮮は体制の終わりや国民の破滅につながる行動の検討をやめるべきだ」と牽制した。北朝鮮の計画発表は、これらの発言を受けてのものとみられている。

 今回標的となったグアム。広さは淡路島より一回り小さい程度の島で、リゾートのイメージが強いが、実は面積の3分の1はアメリカの軍用地。東アジアからオーストラリア方面まで、あらゆる場所を見渡しやすく、“有事“の時に対応しやすいことから、米航空部隊の出発拠点になっている。日本からは飛行機で4時間弱ということもあり、年間およそ70万人の日本人観光客が訪れてており、およそ4400人が在住していると言われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00010000-abema-kr

 

 

 

北朝鮮の軍事技術は明らかに進歩しています。

トランプ大統領は、中国の協力を得て、説得に当たるよう中国に指示していますが、中国がどこまで本気でやっているかはわかりません。

中国から見たら、北朝鮮は、重要な緩衝地帯です。

なくなってしまっては困る。

本気で北朝鮮に核開発とミサイルを打つのをやめろと言ってはいないでしょう。

 

 

北朝鮮のバックには、ロシアもついています。

北朝鮮の戦闘機のほとんどはロシア製。
北朝鮮とロシアは石油のパイプラインでつながっています。

だから、いくら中国経由で北朝鮮を説得したとしても、ロシアが支援してやれば、いくらでも核開発、ミサイル開発できます。

 

その上、ヨーロッパ諸国には、北朝鮮に大使館を置いている国が多数あります。

大使館を置いているということは、その国の存在を認め、経済取引をする意思があるということです。

 

実際にヨーロッパ諸国が狙っているのは、北朝鮮の地下資源です。
石炭、石油、レアメタル。

北朝鮮にはまだ手付かずの地下資源が豊富にあります。

 

アメリカがいかに北朝鮮に対して、金融制裁をして、銀行取引をやめたとしても、ヨーロッパ諸国が助けるでしょう。

 

経済問題、世界情勢を考えると、単にアメリカ、北朝鮮、日本、韓国の問題ではないのです。

 

それに加えて、今回アメリカのグアムが北朝鮮のミサイルの射程に入ったということは、アメリカ本国が射程に入ったということです。

 

世界の予想よりも早く、このような事態になってしまいました。

 

グアムはアメリカの重要な戦略拠点です。

 

オーストラリア、インドから、東南アジア、日本。
そのあたりと協力していくためには、抑えておかないといけない地政学上の重要拠点。

 

グアムから、日本の小笠原諸島も近いです。

 

東シナ海から南シナ海を通って、中東へ向かう海の航路は、日本も石油を輸入する際に使っています。

 

なので、このシーレーンを中国も狙っています。

 

もし、北朝鮮がグアムを攻撃し、その混乱に乗じて、シーレーンを中国が占拠するようなことがあったら、それこそ大戦争になるでしょう。

 

その前にアメリカは、北朝鮮の暴走を止める機会がたくさんありました。

 

しかし、なかなか軍事攻撃に踏み切ることができなかった。それは、韓国、日本、そして、アメリが軍に死人が出るからです。

 

今後、おそらくアメリカは、北朝鮮の体制崩壊を狙います。

 

特殊部隊が北朝鮮に入り、金正恩一族を暗殺する。

地下貫通弾を使って、金正恩の地下の住居もろとも破壊する。

 

そして、北朝鮮の内部で、クーデターが起こったように見せかける。

 

アメリカは何もしてませんよ。

そういうスタンスで来ると思います。

 

実際に上空1万メートルくらいから、地下貫通弾を落としても、
中国の戦闘機も、ロシアの戦闘機も何もできません。

 

落としたことは衛生やレーダーからわかるでしょうが、中国もロシアも何も言えないという状況になります。

 

いかに自然に、北朝鮮の内部からの体制崩壊と見せかけるかが、今後の戦略になってきます。

 

まあ、どうやっても、世界からはバレバレになると思いますが、誰も何も言えない状況を作ればいいわけです。

 

それが一番、平和的解決だと思います。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP