TENNさん自死の原因は、上原多香子と阿部力の不倫か?

最近何かと話題になっている上原多香子さん。

夫がいるにもかかわらず、不倫をしていたようです。

夫のTENNさんは、不倫が原因の自死をとげました。

なぜこのようなことになってしまったのか。

Ayutaの考えを述べたいと思います。

 

TENNさん自死の原因は、上原多香子と阿部力の不倫だった

「なぜ今ごろ?」と思った人は多かっただろう。しかし、『女性セブン』が報じた内容は強烈だった。上原多香子(34)の元夫で2014年9月に自死したET-KING・TENNさんの遺書に、上原と阿部力(35)のダブル不倫疑惑がつづられていたというのだ。

TENNさんの弟が意を決して告白。遺書には「ありがとう そして さようなら」「子供が出来ない体でこめんね」「きっと阿部力となら乗り越えられると思います」「次は裏切ったらあかんよ」「嘘はついたらあかんよ」「いろいろと重荷になるけど…ごめんなさい」「車は開けないで 警察を呼んでください」などの衝撃的な言葉がつづられていた。TENNさんが亡くなった当時、メディアは収入格差を理由にあげていたが、とんだ見当ちがいだったのだ。

さらに、TENNさんのスマホには、上原と阿部のLINEやツーショットが保存されていた。「出会えてよかった」「会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる」「肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの」「今すぐにでも、すべて捨ててトントン(阿部の愛称)の元へ行きたい」「ちょっとずつ、旦那さんと別の道を歩めるようにします」「2人の子供作ろうね」などの生々しいやり取り。さらにはキスを交わす姿や、阿部の両親を交えて4人での写真も流出した。

これらがすべて本当なら、一連の騒動とは一線を画す壮絶な不倫となる。上原は今年5月に演出家・劇作家のコウカズヤ氏(40)と交際報道があったばかりだが、それを見たTENNさんの遺族がこらえきれずに告発したのだろうか。

http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/13/week/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD/上原多香子/depart -takako uehara single collection- (CD+DVD)/AVCD-16119
価格:3416円(税込、送料無料) (2017/8/14時点)

 

 

間違った愛情のもとで育った人間は、人を傷つけ続ける

 

私はそう考えています。

例えば幼少期、思春期に親の愛情を十分に受けられなかったり。

極度のストレス状態に長い間さらされていたり。
(貧困、育児放棄、いじめ、受験、虐待、過干渉等)

 

上原多香子さんは、中学生の頃から芸能活動を開始していました。

多感な思春期に、休みなく働いた。

本人にとってはそれが本当に好きなことで、やりたかったことなのかもしれません。

 

しかし、仕事となると話は変わってきます。

 

売る側の意向。タイトなスケジュール。大人の世界の人間関係。

無意識のレベルで、過度なストレスがかかっていた可能性があります。

 

また、本人に聞かなければわかりませんが、幼少期に親からの何らかのストレスを与えられていた可能性もあります。

 

上原さんは、それが愛だと思いこんで大人になります。

 

その抑圧された愛情表現を、自分では正しいと思って、他人に表現する。

 

本人に悪意はありません。

それが愛だと思っているからです。

 

通常、大人になって、異性や社会の中で本当の愛を知ることになります。

 

他人を喜ばせたい。無償で何かを与えたい。
一緒にいるだけで、嬉しい、楽しい。

 

そういった真実の愛、自分の愛を見つけて、今までの愛は間違っていたことに気づく。

 

そこから、他人に対する愛情表現が変わってくる。

 

 

僕は、上原さんが、まだこの段階に達していないのだと思います。

彼女は、まだ自分の愛を見つけていない。

 

幼少期、思春期に受けたストレス、トラウマをそのまま愛として表現している。

 

おそらく、彼女は元夫の自死というとんでもない事態に、そこまで当事者意識がないと思います。

 

そして、そこまで悪いことをしたという自覚がないと思います。

 

これから彼女が何をすればいいか。

 

それは、自分の力で、自分の愛を見つけることです。

 

こればっかりは、他人がどうのこうのできる問題ではありません。

 

彼女は心から嬉しい、喜ばしいと思える愛を見つけるしかない。

 

そうしなければ、何度も何度も同じことをくりかえることになります。

 

僕は、彼女がデビューした時に、とても素直な心の持ち主なのだろうなあという雰囲気を直感で感じました。

 

素直な人ほど、他人からの影響を受けやすい。

 

これからは、自分の力で、自分の愛を見つけること。

 

他人と比較せず、他人を傷つけたことを受け入れ、その原因がどこにあるかを客観視し、受け入れること。

 

僕はメディアがどう彼女を叩こうが、彼女自身の愛を見つけ、他人を傷つけた、命を奪ったことを受け入れてほしい。

 

長い年月が必要かもしれません。

 

それでも、将来、彼女が本当の愛を見つけ、他人を傷つけるのをやめるまで、見守り続けます。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP