コード・ブルーの「流産シーン」に賛否両論

最近話題となっている、ドラマ「コード・ブルー」のワンシーンについて、視聴者から賛否両論の意見が出ているようです。

それは、看護師が流産をするシーン。

一体どういう内容だったのでしょうか。

 

8月14日に放送されたドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)で、看護師の子供が流産したシーンに対して、視聴者から賛否両論が巻き起こっている。

問題のシーンは、下水道の作業員が救命センターで治療を受けている最中に、日々処置に奔走していた看護師の冴島はるか(比嘉愛未)が突然倒れ込むところから始まった。冴島は、藤川一男(浅利陽介)とのあいだに計画外妊娠で子供をもうけていた。「うっ、うっ」と激しい腹痛に苦しむ冴島を見て、藍沢耕作(山下智久)らは処置を手をいったん止め、冴島を心配そうな目で見た。

緋山美帆子(戸田恵梨香)が中心となって処置し、腹部エコーを見ると娩出が始まっていた。分娩室は空いているものの、運ぶ時間がないことが分かると、藤川らも加わって処置室内で手術を始めることになる。しかし、冴島や藤川の悲痛な叫びもむなしく、冴島は初期流産してしまう。

「ごめん、赤ちゃんを助けてられなくて」と涙を浮かべる緋山に対し、ベッドで休んでいた冴島は、「妊娠初期の流産は珍しいことじゃないし、またチャンスあるから」と現実を受け止めていた。

このシーンを見た視聴者は、インターネット上に《妊娠することも出産することも奇跡であることを教えられた》と、初期流産をリアルに描いたことを賞賛する投稿をしていた。

仕事と初期流産には関連性がないと批判
しかし、ハードな仕事と初期流産には関連性が薄いことを指摘し、脚本を批判する意見もある。ツイッター上の投稿を見ると、《初期流産は母の仕事とは関係ない。「無理したから」と言い自分を責める人もいる。誤解を招く脚本は腹が立つ》、《仕事で無理して流産した、という描写は妊娠しながら働く人を傷つける》などの書き込みがあった。

http://news.merumo.ne.jp/article/genre/6458343

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 DVD-BOX
価格:19207円(税込、送料別) (2017/8/16時点)

 

 

このシーンに賛否両論があるのはわかります。

妊娠することがまず、奇跡であるということを脚本家は描きたかったのかもしれない。

それでも、この世の中に生まれてくることができない赤ちゃんがいるという現実も伝えたかったのかもしれない。

 

ただ、仕事で無理をしたから、流産をしたという描写にどういう意図があったのかどうかわかりません。

そこに対して、怒りを覚える母親もいるでしょう。

まあ、結論から言ってしまえば、この物語は作り話です。

そこに、批判意見を書くほどの感情がわき起こるのは、ドラマの中の登場人物に自分を重ね合わせて、感情移入しているからなんですね。

私もプロのライターとして、脚本を書く事があります。

第一幕が主人公の冒険の始まりだったら、第2幕で必ず困難を描きます。

 

そのほうが、見ている人が引き込まれやすい。

 

最初から、最後まで成功する人の物語なんて面白くないんです。

 

途中に挫折があるから面白い。

そこから立ち直っていく姿を人間というものは応援したくなる。

 

今回のコードブルーの賛否両論問題は、脚本家が見事視聴者を操ったと思っていいでしょう。

 



この脚本家のように、心を自在に操ることも人間可能なんです。

夢が次々と叶う自分に、変えることができたら……。

 

ドカン!とカンタンに夢が叶う引き寄せの法則DVD 

みなさんは引き寄せの法則を知っていますか?
みなさんには夢がありますか?

ただ夢を描いているだけでは、夢は叶いません。

引き寄せの法則を学んで、夢が自分に寄ってくる体質に自分を変えていく必要があります。

 

毎日のスキマ時間に、この引き寄せの法則のDVDを見るだけ。

テレビを見る無駄な時間を削ってください。

 

夢のために、目的を叶えるために生きてください。

あなたの夢達成への一歩は、もうすぐ始まります。

 

ドカン!とカンタンに夢が叶う引き寄せの法則DVD 
http://www.infocart.jp/e/65499/184397/

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP