トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)で悩む少女の話

8月23日に放送された、『ザ!世界仰天ニュース』の中で、トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)で悩み続けた少女の話が紹介されました。

一体どのような症状なのでしょうか。

 

「ニオイで苦しんだ少女」では、魚の腐ったような不思議な体臭がする少女を取り上げる。そのニオイは何度洗っても消えず、外に出るときは常にガムを噛み、消臭スプレーも欠かさなかった。特にニオイがきつい日は学校を休むことも……。自分のせいで周りの人に迷惑をかけてしまうと思った彼女は、密室になるエレベーターやバスなども乗ることを控えるようになった。その病名は、トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)といい、この疾患を抱える家族は日本にもいた。幼い息子のニオイを解消するため、両親は調べを重ね、ある方法に行きついたという。

http://news.mynavi.jp/news/2017/08/22/023/

 

体臭というものには、様々なものがあります。

ほとんどの体臭は解消できるのですが、今回の少女のように、病気からくる体臭の場合は解決する方法を探すまでに時間がかかるでしょう。

 

少女は、長い間、非常に苦しんだと思います。

トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)とはどのような病気なのでしょうか。

 

トリメチルアミン尿症(トリメチルアミンにょうしょう、英語名:Trimethylaminuria)は、摂取した食物を体内で消化分解した際に発生したトリメチルアミンが分解されず、汗や尿、呼気の中に排出されてしまう疾患。トリメチルアミンは腐敗した魚の臭いがするため、魚臭症、魚臭症候群とも呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%B3%E5%B0%BF%E7%97%87

 

根本的な治療方法はなく、食事制限などをして、トリメチルアミンの量を増やすのが一般的な対策法だそうです。

 

世の中には原因不明の病気がたくさんあります。

しかし、科学技術は常に進歩しています。

 

人類が進化するためには、様々な性格、体質を持った人間がたくさん世の中に存在する必要があります。

 

だから、これらの原因不明の病気も、人類進化の過程。

 

そして、人類が克服していかなければいけない課題だと考えて前に進んでいきたいと思います。

 



世の中には体臭で悩んでいる方がたくさんいると思います。

ワキガ、多汗症などは自分でも気づかない場合が多く、社会生活に支障をきたす原因となってしまいます。

でも、ワキガ、多汗症などは、手術をすることがなく、簡単に予防、治すことができるんです。

 

ワキガ、多汗症で悩んでいる方は、ぜひこちらのブログをお読みください。

わきがでおなやみの方はこちらから

手術しない方法がたくさんあります。

ワキガ、多汗症、体臭解消マニュアル

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP