山川健次郎とは一体誰!?

インターネット上で、山川健次郎さんという方が話題になっていたので、調べてみました。

どうやら、歴史上の大人物のようです。

 

山川 健次郎(やまかわ けんじろう、1854年9月9日(安政元年閏7月17日) – 1931年(昭和6年)6月26日)は明治時代から昭和初期にかけての日本の物理学者、教育者。男爵、理学博士。
東京帝国大学(東京大学の前身)理科大学長・総長、九州帝国大学(九州大学の前身)初代総長、私立明治専門学校(九州工業大学の前身)総裁、京都帝国大学(京都大学の前身)総長、旧制武蔵高等学校(武蔵中学校・高等学校の前身)校長、貴族院議員、枢密顧問官を歴任した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B7%9D%E5%81%A5%E6%AC%A1%E9%83%8E

 

 

 

山川健次郎さんはペリーが黒船で来航した、1854年生まれ。

彼が青年期には、江戸から明治への大変革が起こっていました。

 

江戸幕府を倒して、新政府を樹立しようとしたのが、薩摩、長州、土佐、肥前を中心とした新政府軍。

山川健次郎さんは、江戸幕府側について、会津で白虎隊の一員として、新政府軍と戦います。

結局、江戸城は無血開城されます。

江戸城では、誰も血を流さずに、政権の交代を成し遂げた。

これは日本独特の方法であったと思います。

当然、新しい政府になってから、新政府に抵抗した白虎隊、そして山川健次郎さんは国賊扱いされます。

でも、その山川さんは異例の出世を遂げるのです。

東大総長、九州大学の初代総長、京都大学総長、貴族院議員を務められます。

 

やはり、山川さんの能力が高く、新政府も認めざるを得なかったのでしょう。

過去に戦いはしたが、能力があれば採用する。

 

明治政府が、発展をとげたのが、なんだかわかったような気がしました。

本当に、人物だったのだと思います。

 



当時の天才だった山川健次郎さん。

天才でなくても、出世する方法があります。

 

学歴コンプレックスがある方は必見!

今からでも、頭をよくできます。
それには、脳機能の仕組みをしっかりと知る必要があります。

脳の使い方を知れば、IQは飛躍的に上がります。

中卒でも、ゆとりでも、Fランクでも関係なし!!

そのほうほうは以下のブログから!

http://takeki3.wp.xdomain.jp/blog/category/%e5%ad%a6%e6%ad%b4%e3%80%81%e9%a0%ad%e3%81%8c%e6%82%aa%e3%81%84%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e8%a7%a3%e6%b6%88%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab/

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP