マラソン元日本代表の原裕美子容疑者 万引きで逮捕

マラソン元日本代表の原裕美子容疑者が万引きで逮捕されたという事件がありました。

一体彼女の身になにがあったのでしょうか。

 

 

小出監督愛弟子・原裕美子容疑者「万引き逮捕」のなぜ

2005年の世界陸上ヘルシンキ大会で6位に入賞したマラソン元日本代表の原裕美子容疑者(35)が17日、栃木県足利市内のコンビニで万引きした窃盗容疑で足利署に逮捕された。容疑を認めている。13年の現役引退後も、復帰を模索し東京でトレーニングを積んでいたが、現在は地元に帰りスーパーで契約社員として勤務していた。数々の名ランナーを育てた小出義雄氏(78)の門下生で“最強日本の最終兵器”とまでいわれた原容疑者に一体何があったのか。

現役時に活躍し、引退した女子マラソン選手といえば、松野明美(49)はタレントから熊本県議に転身。同じ小出門下生の有森裕子(50)は日本陸上競技連盟の理事や日体大客員教授を歴任し、同じく小出門下生の高橋はキャスターや解説者として活躍している。華々しく見えるが、これらは一握りで、現実は原容疑者のように地味なセカンドキャリアを送っている選手がほとんどだ。

同容疑者を知る関係者によれば近年、結婚式を挙げていたという情報もあるが、「両親と実家住まいだった」(捜査関係者)。父親もテレビ各局の取材に、挙式したが入籍はしなかったと話している。何らかの環境の変化が一因になっている可能性もある。

http://news.livedoor.com/article/detail/13489653/

 

世界陸上で6位に入賞するほどの実力の持ち主。

怪我で現役を引退した後も、復帰を目指してトレーニングしていたといいます。

確かに、現役引退後に、華のような生活を送れている人は、ごくわずかでしょう。

でも、彼女の場合、公演の依頼や、マラソン指導の仕事、栃木県のスポーツ委員、「とちぎ未来大使」に任命されるなど、生活にこまるほどのレベルではなかったように見受けられます。

 

となると、挙式は行ったが、婚姻には至らなかった恋愛が原因なのかもしれません。

 

日本で、本当に貧しくて万引きをする人って、半分もいないと思います。

 

何か日常生活に問題を抱えていたり、精神的な問題を抱えていたり、誰かにかまってほしかったり。

それなりの理由があるとおもうんです。

 

警察が逮捕して終わり。マラソン協会の名誉が傷ついた。
栃木県の名誉が傷ついた。

 

その言い分もわかります。

 

でも、本当に解決しなければいけないのは、何が彼女を犯行に駆り立てたのかを解決することです。

 

これからは、単なる罰則だけで人を変えるのではなく、カウンセリング的な側面からの、加害者、被害者のケアがもっと必要になってくると感じています。

 



人に愛されるというのは、非常に喜ばしい、生きる喜びです。

しかし、幼少期のトラウマ、家庭環境などで、愛を感じられずに育つ人がいます。

 

そういう人は、他人に愛情を表現するのが困難です。

その結果、他人からも愛情を受ける機会を得ないまま、大人になり、苦しむ人がいる。

 

 

でも、人に愛されるのは、意外と簡単なんです。

 

その方法をお伝えします。男性の方も、まだ結婚していない方にも、使える心理テクニック。

 

動画 わたし史上最高にかわいい! 愛され妻のぶりっこ講座

あなたはいくつになっても、好きな人から愛されたいと思いませんか?
男の人の興味を引くためには、コツがあります。

その方法を動画にまとめました。

好きな人から、ずっと愛されるために気をつけること。
好きな人を喜ばせる方法。

この方法は、今、まだ付き合ってない男性に対しても使えるテクニックです。

好きな人からの愛は、自分を高めてくれる無限の可能性を秘めています。

あなたも、きっと、永遠に愛される女性になれます。

http://www.infocart.jp/e/66052/184397/

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP