今話題の空き家バンクってどんな制度!?

今話題になっている空き家バンクという制度。

一体どういうしすてむなのか、調べてみました。

 

世の中には、定年退職を期に、東京から地方の田舎に移住して、のんびりと暮らしたいという人がいます。

 

そんな時に参考になるのが、空き家バンク。

 

空き家の管理、処分に困っている人が空き家バンクに情報を登録。

空き家の情報を、地方公共団体のホームページなどで、公開して、地方の空き家を探している人に提供しようというサービス。

 

地方は人口減少が続いていますから、住宅支援制度、仕事斡旋、子どもに対する手当などをつけて、都会から田舎への移住者を求めています。

その時に、まず家がなかったらこまるので、空き家を積極的に活用して、地方自治体と地方移住希望者をマッチングしようというのが狙い。

 

でも、この空き家バンク。

 

ほとんど登録されていないとのこと。

 

やはり地方で物件を売りたい人は、地元の不動産屋さんにお願いするケースが多いでしょう。

 

そのほうが早く売れる。

 

でも、地方公共団体は、これから、空き家だけでなく、様々なメリットを移住者に提供していかなければ、都会からの移住者は取り込めないでしょう。

 

空き家はすぐ、地元の人に買われてしまう。

空き家は民泊などを運営しようという会社にも、ターゲットにされています。

 

地元不動産業者、民泊業者、地方自治体。

 

思惑が違うもの同士の競争です。

 

僕はやはり、空き家はもったいないとおもうので、なんとか活用してもらいたい。

 

その際に、競争が激しい方がいいと思いました。

 

無理やり地方に移住者を呼び込むよりは、この地方に移住したいという、まちづくり、環境づくり、システムづくりのほうが先です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本初! 地方を救う譲渡型賃貸投資ガイド [ 森 裕嗣 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/8/23時点)

 

 



不動産といえば、不労所得の方法に、不動産投資があります。

関東圏にお住まいの方なら、初期費用ゼロで、不動産投資が始められます。

 

<絶対お得な、不動産投資はじめませんか?>

初期費用ゼロの不動産投資。
普通に不動産投資したら、負債が増えるだけ。

不動産購入の借入金返済までに、初回に数百万。

そして、毎月3から10万入ります。

 

借り入れ金返済までに2年かかるとして、その間に400万程度儲かります。

その後は不動産を売却しても利益になるし、月額不労所得を継続してもOK。

 

 

下記注意事項をよくお読みください。

①初期費用ゼロ
②月3~10万の利益、初回数百万のボーナス有り(収入による)
③東京、千葉、埼玉、神奈川にお住まいの方
④会社の健康保険証をお持ちの方(自営業不可)
⑤クレジットカード情報がブラックではない方(借金300万までの方。この借金も不動産会社が完済します)

 

数年で自分の資産になり、かつその間に不労所得と初回ボーナスもらえます。
完全放置で、資産を持てるようになります。

興味のある方は気軽にご相談ください。

【加治雄希公式LINE@】

https://line.me/R/ti/p/%40hhg6309d

 

LINEのID検索は@をつけてけんさくしてください。

@hhg6309d

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP