ニューヨークの地下鉄で、レディース&ジェントルマンのアナウンス禁止に

ニューヨークの地下鉄で、レディース&ジェントルマンのアナウンスが禁止されることになったみたいです。

 

確かに、最近では性別を一概に女性と男性に分けることが難しくなってきている。

というか、そのことにようやく気づき、社会が配慮する時代になったということですね。

 

米ニューヨーク交通公社(MTA)は、ニューヨーク市内などで運行している地下鉄やバスなどの乗務員が、アナウンスの際に乗客に呼びかける「レディース・アンド・ジェントルメン(Ladies and gentlemen)」という言葉の使用を禁止したと明らかにした。

同性愛や性同一性障害など、性的少数者への配慮とみられる。

MTAは、読売新聞の取材に「乗客とのコミュニケーションを根本的に改める取り組みとして行った」と回答した。乗務員は代わりに、「Everyone(皆さん)」や「Passengers(乗客の皆さん)」などと呼びかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00050083-yom-int

 

 

気持ちは女性でも、外見が男性の人がいます。

外見が男性で、男性が好きでも、男性のままで生きたい人と、女性になりたい人がいます。

 

LGBT。

レズビアン。

ゲイ。

バイセクシャル。

トランスジェンダー。

 

僕は、大学で黒人差別の問題に非常に関心がありました。

意味のない差別にとにかく憤りを感じていた。

 

 

今はLGBTについて勉強していますが、トランスジェンダーが非常に難しい。

 

日本では性同一性障害と訳されることが多いですが、

障害ではないと思うし、

トランスジェンダーの人でも、様々なケースがあります。

 

 

これからはもっと多様性を認めていかなければいけない。

社会が受け入れ、人々が受け入れ、

勉強し、理解して、知識をもっておかなければならない。

 

 

多様性が失われた社会。

そこには衰退しか残っていません。

 

 

生物が進化して、環境に適応して、この先も遺伝子を残していくのなら、

多様性が必要なんです。

 

 

ニューヨークが進んでいて、日本が遅れているかというというとそうでもない。

 

そもそも日本では奴隷を使うという概念がなかった。

第二次大戦中に、世界に先駆けて男女平等をとなえていたのは、日本です。

 

日本は極端な一神教を信仰する人も少ない。

 

常に多様性を受け入れて、成長をしてきた文化を持っています。

 

 

だから、これからは、もっと日本が多様性のある文化を持つ国になってほしい。

 

 

そう改めて思いました。

 

<PR>

テレビ、カタログ通販でおなじみ開運の財布



 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

羽生善治竜王国民栄誉賞。過去に辞退した人がいた!?
ミステリーハンター福間文香さん FC東京・太田宏介選手と結婚!
トリメチルアミン尿症(魚臭症候群)で悩む少女の話
ブルーノ・マーズ 来日 2017年にチケット発売決定!!
ヘンリー王子の婚約者 メーガン・マークルさんを巡る問題について。
日馬富士が貴ノ岩に暴行 法に基づいた対応を
NHK受信料制度は「合憲」 最高裁が判決
宮城県制作の観光PR動画が賛否両論 壇蜜さん出演
TBSの井田寛子キャスターが第1子妊娠を報告!
カリブ海バーブーダ島の95%の建物がハリケーン「イルマ」により倒壊・損傷
闘将・星野仙一氏 最後まで闘った男
芸能人格付けチェックのGACKTがすごすぎた!!
トライアスロン部に所属していた原田さんを殺害の男逮捕
岡山大安寺 中村投手 完全試合達成
住田紘一死刑囚に死刑執行

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP