ブラック企業大賞 候補が決定。今後の企業の改善努力を

11月27日に、「ブラック企業大賞2017」のノミネート企業が発表されましたね。

2016年の大賞は、電通でした。

くしくも、その電通から、過労死した女性が出てしまいました。

僕は、この電通の過労死自殺問題は、長時間労働だけが問題ではないと思っています。

 

背後には、個人的なパワハラ、セクハラ、あらゆる強要が会社側からあったに違いないと思っています。

現在調査中です。

 

こういうふうに、社会的に不名誉な賞に選ばれたということは、何かしらの問題を抱えているということ。

社会はそれをしっかりと見ているということです。

 

些細な出来事をきっかけにして、業務、社内体質を改善できなければ、不幸な人が増えるばかり。

 

今年、ノミネートされているのは一体どこなのでしょうか。

 

弁護士やジャーナリストなどで構成するブラック企業大賞実行委員会は27日、労働などで問題があると指摘する今年の「ブラック企業大賞2017」のノミネート企業(法人)に、記者の過労死が発覚したNHKなど9社(グループ)を発表した。

ほかにノミネートされたのは、ゼリア新薬工業▽いなげや▽パナソニック▽新潟市民病院▽引越社・引越社関東・引越社関西▽大成建設・三信建設工業▽大和ハウス工業▽ヤマト運輸。これらの企業(法人)については、関連企業を含めて裁判所や労働基準監督署など公的機関が是正勧告や労災認定するなど、一定の判断をすでに下している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13947371/

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

巨大ブラック企業 [ 佐高 信 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/11/27時点)

 

 

会社を運営するということは非常に大変なことです。

 

その中で利益を上げて、コストをなるべく避けようとすれば、どうしても労働者にしわ寄せがいってしまいます。

 

しかしどう考えても、仕事をしていて死ぬような状況になっていては本末転倒です。

 

仕事を辞めても人生は続けられるが、死んでしまっては仕事も何もかもできなくなる。

 

候補に挙がっている9社に対しては、関連企業を含めて、裁判所や労働基準監督署が、是正勧告や労災認定するなど一定の判断をすでに下しているとのこと。

 

ただそれだけでは十分とは言い切れません。

 

是正勧告や労災認定を受けても、会社というものは会社の利益を優先させるからです。

 

まあこの先ノミネートされた9社に対しては、社会的な制裁が下されることになるでしょう。

 

その会社を志望する人が少なくなる。

 

その会社を利用する人が少なくなる。

 

つまり会社の信用が下がってしまうということです。

 

商売の本質は信用です。

 

公的機関が下さなかった制裁を、社会全体が行えるようになってきた。

 

非常に素晴らしい時代になったと僕は思います。

 

<PR>

対応エリア続々拡大中。NURO光!



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Menu

HOME

TOP