カリスマホスト、ローランドに見る、後輩の叱り方

スポンサーリンク

ローランド

引用元;https://sirabee.com/2019/02/27/20162021351/

歌舞伎町でカリスマホストとして、名をはせるローランドさん。

その姿に密着したTV番組があったようです。

ローランドさんは現在働いている店から、数人を引き抜いて、新しい店をオープンすることを決断。

もちろん店長とは話し合い済みです。

新しい店で、自信たっぷりに後輩を引っぱっていこうとするローランドさん。

しかし、成績も良かった後輩が、徐々に成績を落とし始めてしまう。

あげくの果てには、お客さと喧嘩をする始末。

ライトは客と喧嘩までする始末。「全く俺、悪いことしてない。あんなやつから指名いらない」と、言ってはならない言葉を投げかけると、ローランドは「なるほどね」と、その場ではあえて注意することはしなかった。

https://sirabee.com/2019/02/27/20162021351/

ライトさんは、新店舗のナンバーワンにも輝いたことのある実力者。

でも、なぜか全体的に、低迷が続いていく。

そんな時に、ローランドさんは全員に向かって激怒します。

文句があるなら俺に言ってこいと。

そのローランドさんの後輩への接し方、叱り方に世間からは賛辞のメッセージが送られているようです。

本当なら激怒すべきタイミングは、ライトさんがお客さんと喧嘩して、暴言を吐いたタイミングでしょう。

しかし、そこを「なるほどね」と受け流す。

それは、ローランドさんが責任を感じていたからであり、一人の後輩に店の低迷の原因を押し付けようとしなかった。

そしれ、後輩全員の前で、気合を入れるために、文句あるやつは言ってこい。

スポンサーリンク

個人に対して叱ったり、説教したりするのではなく、全員の前で問題解決のために、激を入れる。

上司にしたいなんて言葉もネット上からは起こっています。

僕は昔2ヶ月だけホストをしたことがあるんです。

しかも歌舞伎町のど真ん中。

お店のナンバーワンや、経営者の人って柔和で優しい人が多い。

それはどこの業界も同じかもしれません。

中途半端な人に限って、個人攻撃してきたり、足を引っ張ろうとしたりするんですよね。

会社でも同じでしょう。

上司の役割は、本来チーム全体の活気を上げ、問題を解決するために、責任をもって行動する人。

成績が悪かったら、どうやればいいか教える。または、成長のきっかけを与える。

決して、部屋に呼びつけて、怒鳴るような上司は立派だとは思いません。

ホストだから、無茶苦茶な人が多いんだろう。

そんなのは偏見です。

ローランドさんのように、的確に部下を指導していく人もいる。

そして、人間の器が大きい人がトップに立つ。

部下の叱り方と組織の底上げの仕方のヒントが見えたようなニュースでした。

FX入門セミナー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする