24時間営業短縮を決断したセブンイレブンオーナー

スポンサーリンク

コンビニといえば今や24時間営業が当たり前ですね。

24時間コンビニが空いてると、夜中の3時に買い物に行ったり、まだスーパーが空いていない朝5時などに買い物ができます。

便利な反面、働いている側の人は相当苦しいと思います。

ただでさえきつい夜勤労働。働き手不足。

そこで思い切ってイレブンの営業時間を19時間にしたオーナーがいます。

営業は朝6時から夜の1時まで。
これで人手不足は相当に解消されたはずです。

しかしそのオーナーは、セブンイレブン本部からフランチャイズ契約の解除を求められました。

そして違約金約1700万円を請求されています。

オメガ3-DHA&EPA&アルファリノレン酸

今年2月1日から営業時間を短縮し、本部との対立を深めている大阪のこのオーナー。

このオーナーのもとには、全国各地から応援のメッセージが届けられるといいます。

全国のセブンイレブンのオーナー達からも、「経営を続けることが難しい、フランチャイズ契約を更新しないようにしようと思っている」、などの相談があるそうです。

全国各地のセブンイレブンが24時間営業である必要は全くないと思います。

深夜帯のお客さんがほとんど来ない店で、営業を続けていても、電気代がかかるだろうし、ほとんどやることもないでしょう。

だから全国のオーナー達から、時間帯別の来客者数を本部に報告してもらい、営業時間を選択制にすれば効率はもっと上がるのではないかと思うのです。

スポンサーリンク

セブンイレブンとフランチャイズ契約を結ぶのも相当なお金がかかっているはず。セブンイレブンの看板は使えますが、それで失うものも大きい。

これはセブンイレブンに限った話ではないですが、フランチャイズ契約を結んでお店を出してもらい、その地域にお客さんがどれだけ集まるかを本部が把握する。

そしてその地域にお客さんが集まることを知った本部は、本部経由で新しく店を出す。

フランチャイズ契約をしたオーナーは売り上げが激減し、借金だけが残る。

本部が作った店は着々と売上を上げ、フランチャイズの店が潰れるのを待っている。

つまり一般の人にお店を出させて実験をし、儲かると分かったら、本部の力を使って一般の人を潰す。

そういう事が横行しているという話もよく聞きます。

24時間営業を原則とするセブンイレブンジャパンは、3月中旬から一部の店舗で、短縮の営業実験を始めるそうです。

果たしてこれからコンビニ業界はどうなっていくのか。

24時間営業にそこまでこだわる必要があるのだろうか。

改めてコンビニとフランチャイズ契約を結んだオーナーの大変さを考えさせられるニュースでした。

店舗受取訴求 FX入門セミナー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする