これからの香川真司はどうなるか?

スポンサーリンク

トルコの一部リーグ、ベジクタシュで活躍するサッカー選手の香川真司さん。

現在はドイツリーグのドルトムントから、期限付きでベジクタシュに移籍加入している状態です。

引用元;https://qoly.jp/2019/02/26/besiktas-gunes-on-kagawa-v-fenerbahce-iks-1

ドルトムントでの活躍は記憶に新しいところですが、現在29歳を迎えた香川真司選手のこれからの動向が気になります。

所属するチーム、ベジクタシュの監督は、今季終了後にトルコ代表監督への就任が決まっています。

となると、新しくベジクタシュの監督となる人が香川選手をどのように扱うのか?

監督の香川選手の起用法によっては、日本代表復帰も考えられるでしょう。

新監督体制での香川選手の評価

ベジクタシュの新監督には、元スペイン代表で、レアルマドリードでも大活躍を見せた、グティテクニカルコーチの昇格が有力視されています。

グティ氏は香川選手を非常に高く評価。

技術の高い選手でチームを救える力がある、と絶賛しています。

さらにはドルトムントからベジクタシュへの移籍金が高額でなければ、移籍を希望したいと述べているとのこと。

これだけの評価を得ていれば、ベジクタシュでの新監督のもとでも、レギュラーとして活躍できるでしょう。



そうなると、見えてくるのが、日本代表への復帰。

この間行われたアジアカップでは、日本代表に呼ばれなかった香川選手。

同じポジションには、南野拓実選手という若くて、キレのある選手が入りました。

スポンサーリンク

24歳の誕生日を迎えた日本代表FW南野【写真:Getty Images】

引用元;https://www.football-zone.net/archives/162766

これに対し、香川選手は、「今は若手を育てている時期ではない」とコメントしていたことを思い出します。

僕も、アジアカップでは、若手を育成しようという方針が見えた、森保監督の行動に疑問を感じました。

結果的にアジアカップで日本代表は準優勝。

喜んでいいのか悪いのかわからない、中途半端な結果となりました。

あの大会で得たものは何だったのだろう?

僕は記憶にもあまり残っていない大会でした。

香川選手がまだ29歳だということに、僕は正直驚きました。

それなら、まだやれる。

そして、香川選手本人も、代表でやるつもりでいる。

僕はそう思います。

ロシアワールドカップで、日本代表は、ある程度やれる、そう思ったのではないでしょうか?

ロシアワールドカップに、全身全霊をかけて、照準を合わせていた香川選手。

心残りもあるでしょう。

新しくベジクタシュで技術を磨き、日本代表で、2022年のワールドカップに出る。

僕にはその姿が想像できます。



オーガランド 亜鉛

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする