レジ袋有料化の方針、どうでもいい(笑)

スポンサーリンク

2月26日に環境大臣が会見で、全国一律でレジ袋有料化を義務づける方針を発表しました。

政府の説明では、プラスチック資源循環戦略の一環であるそうです(笑)

ネット上の意見では、レジ袋をゴミ袋として使う人が多く、レジ袋でゴミを出せるように全国の自治体が統一した方が良いのではないかという意見が多いそうです。

お店側では、有料化の方針に反対の意見もあるそうです。

僕は今回の件の問題点がよく分かりません。

袋を持ってスーパーに買い物に行けばそれに入れればいいだけの話だし、袋を持って行くのが面倒くさい人は、有料の袋をお店で買えばいい。

一人暮らしだからそんなことが言えるのだろう。
買い物をする頻度が少ないからそんなことが言えるのだろう。

そう思う人がいるかもしれません。

でも僕は、お米を買って担いで家まで持って帰ったことがあります。

袋がいらないからです(笑)


環境問題云々でレジ袋が規制された方が良いなどという人がいます。
プラスチックは自然に帰らないから環境に悪いという人がいます。

僕は正直に思いますが、レジ袋なんてプラスチックで捨てられるうちのほんのわずかなものでしょう。

ペットボトルの方が問題でしょう。

あれは大概不燃ごみとして、再活用として回収しておきながら、ほとんど燃やしているでしょう(笑)

あるいは、不燃ごみと一緒に埋め立てているでしょう。

捨てられるゴミ袋の量と、ペットボトルの量と、その他のプラスチック製品の量と、どんだけの割合かどうか、考えたらわかるでしょう。

スポンサーリンク

なぜそんなレジ袋なんていう小さいものに、政府が方針を発表するのか(笑)

そして、国民がなぜそんなに騒ぐのか。

海が汚れる。環境が悪くなる。

悪い面ばかり考えすぎです。

石油から作られるプラスチック。

石油を使って、どんどん製品を作って、経済を回したほうが効率がよいと思います。

そのお金で環境対策や、埋め立ての新たな方法の可能性が見えてくるのです。

環境を壊さずに、経済発展などありえない。

何かを犠牲にしなければ、何かは得られないものです。

環境、環境って、そういう人は、海岸の全てのゴミを拾えるとでも思っているのでしょうか?(笑)

環境が悪くなるたびに、人類はそれを乗り越えてきました。

石炭火力時代の人間の死者はとんでもなかったでしょう。

石油になって、環境汚染が叫ばれた、新たなエネルギーへとシフトもしているでしょう。

環境を最優先にし、経済をないがしろにしてもいいものか?

今から原始時代に戻る気があるのでしょうか。

国民全員が、電気、ガス、水道もない世界で、やっていけるでしょうか?





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする