北朝鮮の中で米朝会談失敗の知らせが広まった

スポンサーリンク

先日行われた米朝会談。トランプ氏が昼食も食べずに帰ったというエピソードが印象的でしたが、失敗に終わったということが北朝鮮内で、すでに広まっているそうです。

わざわざ電車で3日もかけて、ベトナムに行った金正恩氏。

セキュリティの問題から電車を使ったのでしょうが、戦闘機に護衛されているトランプ氏と比べると、かなりの力の開きが感じられます。

北朝鮮側は、寧辺の各施設放棄等、核の削減をするから、経済制裁をゆるめてほしいと話したかったのです。

しかし、トランプ大統領は完全無視。

アメリカではたしか今年の9月に大統領の中間選挙がありますから、下手に譲歩した態度をみせたら、トランプ支持層からも反感をくらうし、トランプが嫌いな人からも、もっと譲歩できたはずだと反感をくらったでしょう(笑)

トランプ大統領が選挙のことを考えていたかどうかは、本人に聞かないとわかりませんが、会談は全く意味がなかったということだけは言えるのではないでしょうか?

もとはと言えば、北朝鮮が核施設での実験を繰り返し、弾道ミサイルの開発にまで成功した。

北朝鮮は経済的に苦しいし、武器を売っていくしかない、という気持ちもわかります。

実験中に日本の上をミサイルが通過していますが、日本なんか眼中になかったでしょう。

そして一番まずかったのが。

アメリカまで届くICBM(大陸間弾道ミサイル)を作ってしまったというところですね。

日本、韓国、中国、ロシア、あたりをターゲットに、牽制の意味で作っていたのだったらまだ良かった。

でも、とんでもない国を敵にしてしまいましたね(笑)

スポンサーリンク

確かに、アメリカも核削減の世界的条約から脱退しているし、一番核弾頭を持っているし、なぜ北朝鮮にだけ核の廃絶をもとめるのか。

北朝鮮側からしたら、本当に腑に落ちないでしょう。

日本から見たら、危ない奴らと見えますが、中国、ロシア側から見たら、もっと行け、という感じなのかもしれません。

僕は今回の会談の内容が、全く北朝鮮国民に知らされないと思っていたんです。

主席は会談で、成功をおさめた。

アメリカからある程度の譲歩をとりつけた。

みたいなデマ情報を国民に流すと思っていた。

なにしろ、北朝鮮にはまっとうなメディアがありませんし、情報が国家によってコントロールされている国ですから。

でも、一部の人間から、会談失敗の情報が国内に流れ、北朝鮮政府は、火消しにやっきになっているということです。

また、誰かが責任とって、殺されるのでしょうか。

北朝鮮の立場、意見も理解できます。

でも、国民への嘘、人権を無視した虐殺。

それだけは、もう本当に時代遅れなのでやめてほしいです。

グルコサミン&コンドロイチン&コラーゲン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする