佳子さまのダンススクール通い

スポンサーリンク

佳子さまのダンススクール通いがインターネットニュースで話題になっていました。

佳子さまは秋篠宮殿下の次女。

つまり、現在の皇位継承者の娘さんということになります。

この方は、なんというか長女の眞子さまもそうですけど、かなり自由なスタイルで生きてますね(笑)

佳子さまは学習院女子高等科時代からダンスが好きだったようで、現在の自分の状況を支えるものが、ダンスだったのかもしれません。

レッスンが開かれているのは何と公民館。

もちろん地元警察の警備は行われていますが、本当に日本という国がいかに安全かを感じさせられる一面です。

佳子さまは、2017年9月から英国・リーズ大学へ留学されていましたが、その時に受講した科目が『舞台芸術カリキュラム』

根っからのアーティスト気質の持ち主なのかもしれません。

今後の進路は御本人の自由なので何も言いません。

今長女の眞子さまが、結婚相手でもめていますね。

なんだかご両親と眞子さまとの不仲説も流れてきて、間を取り持っているのが、この次女の佳子さま。

だから僕は個人的に、皇室が男系男子でよかったと思っています。

そうでなければ、長女のよくわからない結婚相手が天皇陛下になる可能性があるわけです。

別にお相手を悪く言うつもりはありませんが、やはり、天皇陛下になるためには、おさない頃からの勉学、教育が、特別でなければならないのです。

しかも、戦後宮家は取り潰されてしまいましたから、眞子さまがご結婚された後は、一般人になるわけです。

例えば現在で考えてみて、皇太子殿下と秋篠宮殿下に男の子が生まれない場合。

女性の宮家が存続すれば、男子が生まれる可能性がある。

でも、現行では、女性の皇族は結婚後は皇室を離れなければならないとあります。

現行の皇室典範では、

「皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる。」

つまり、宮家がもうなくなってしまう可能性がある。

そうなると、悠仁親王殿下にさらにプレッシャーがかかるわけです。

かと言って、女性が結婚しても皇室に残らなければいけないと法律に書くと、それはそれでプレッシャーです。

現状のままでは、秋篠宮を除けばいずれの宮家も近い将来に断絶してしまうことになり、皇室全体の活動や安定的な皇位継承に影響する可能性が指摘されており、宮家の存続をめぐり様々な意見がある。例えば、内親王・女王が民間出身の男性と結婚しても皇族のままでいるように認める、既存の宮家の後継者としていわゆる旧皇族の男系子孫から養子(第1内親王・女王の婿等)を迎える、旧皇族を復籍させる、などさまざまな意見はあるが、結論は出ていない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%AE%B6

要するに、男性が生まれなかったら、本当に無理矢理にでも男性を作りかねない時代になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

なぜ男性でなければならないのか?

それは簡単です。


染色体で考えた時。お父さんはXY。お母さんはXX

①→こどもの男性はXY(両親から)

→こどもの女性はXX(両親から)

②こどもが女性しかおらず、天皇陛下になり、一般男性と結婚して、女性しか生まれない場合

→A女性の孫XX(天皇家と一般男性の染色体)

→B男性の孫XY(天皇家と一般男性の染色体)→男性ひ孫(一般男性と一般女性のXY)


なので、Bの男性の孫から生まれた男性ひ孫は、全く天皇家の血筋を引いていないことになります。

ずーっと女系天皇を代理で立てて、天皇家の血を引く男性誕生を待つ。

または、素直に天皇家の血をひく男性誕生を待つ。

男系男子はこういう科学的な問題であり、人種差別ではありません。

男系男子が崩壊したら、もう、わたなべさんと、かとうさんの息子さんでも、何でもありなわけです(笑)

そこに伝統も、儀式も、あったもんじゃないでしょう。

※天皇制をそもそもやめたら?という人は、世界の独裁国家がどのように形成されて、独裁国家がどのようなことをしているか、勉強してください。

ここまですべて僕の個人的な意見なので、様々な意見があると思います。

僕は天皇陛下とは、日本、そして日本人とは何かを表す人であり、日本の安寧を常に願う人であり、日本国の元首(外国に対して国家を代表する人)であると思っています。

現在は秋篠宮に男の子が生まれたから、女性が自由にしていられる。

世間は男系男子を女性差別だなんて言っていますが、もう今皇位継承権が3番目の悠仁親王殿下が、小さい頃から、特別な勉学をし、教育を施されているんです。天皇陛下になるために。

ダンススクールと、帝王学とどちらが自由でしょうか?(笑)

まあ比べるものではありませんが、生まれたときから、代を継ぐことが決められている。

材木屋の長男が店をついで、墓を守ってとかそんなレベルではないんです(笑)

もうこればっかりは、断りようがないし、そんな質問ができないし。

よくわからない文章になってしまいましたが、佳子さまも眞子さまも幸せになってください。

そして、開かれた皇室があるのなら、大切にしなければいけない伝統もあるということをみなさんに考えていただけたらと思うのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする