味の素が体に悪いは誤解だったかもしれない

スポンサーリンク

味の素。瓶に入っているうま味調味料です。

僕のおじいちゃんもお刺身を食べる時などにかけていました。
周りの親戚からは体に悪いからやめろと言われていました。

でもなぜ味の素が、体に悪いのか。悪いとされてきたのか?

それは1968年にアメリカの科学者が発表した論文に原因があるそうです。

中華料理店で食事をした後に顔のほてりや頭痛などの症状が出る。
これが中華料理店症候群と名づけられた。

この病気の原因が、グルタミン酸ナトリウムにあるということが言われた。

味の素はグルタミン酸ナトリウムが原料。

だから当時、病気になったのはグルタミン酸のせい。
なので味の素も病気の原因になる。

こういう都市伝説みたいなものが生まれたそうです。

でも今では、中華料理店症候群とグルタミン酸ナトリウムの間に、全く関係はないということが科学的に証明されました。

うま味として1908年に発見されたグルタミン酸。
これはトマトやチーズ、法など様々な食品に含まれていて体内にも存在しています。

たったひとつの都市伝説風評で、グルタミン酸ナトリウムが悪者になってしまった。

それにも負けず味の素は頑張ってきたということです。

日本では食品添加物不使用、化学調味料無添加と聞くと、安全な食べ物だと思ってしまいます。

でもそもそも食品添加物に登録されているものは、安全性が確認されたものであり、使ったら危ないという問題ではないということ。

スポンサーリンク

食品に色をつける時に、天然のものを使いますが、それも食品添加物ということになるのでしょう。

だから人間が人工的に作ったもの=悪。

そういった概念を一度捨ててしまった方がいいのかもしれません。

マヨネーズは体に悪い。
僕は卵と油で作られたマヨネーズは、栄養が豊富であり、適度に摂取するならばありがたい存在だと思います。

味の素は嫌だけど、だしの素は使っていたり(笑)

グルタミン酸ナトリウムと言うと怖いけど。

グルタミン酸はサトウキビなどから作られている。

ナトリウムは塩ですよ。

味の素さんからしてみれば、さとうきびと塩を合わせて何が悪い?

そういった気持ちがあるのではないでしょうか?

なんだか、現代は情報がくさるほどありますから、どれが本当でどれが嘘かわからない。

味の素のような都市伝説がたくさんあるでしょう。

面白いニュースだと思って紹介しました。

体にいいものは本当にいいのか?

体にわるいものは、本当にわるいのか?

一度、食べ物について考えてみたほうが良さそうです。

<PR>

こういう既成概念にとらわれない出会い方も、ありだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする